内なる結婚

このはなさくやさん、いつもメールセミナー楽しく拝見させていただいています。





さっそく紙に条件を書き、「ブラック」と「ホワイト」と名付けて、対談してみました。





そしたら、すっごい頑固で、断固として譲らないホワイトちゃんと 

必死でホワイトを守ろうとしてるブラックちゃんが出てきました。





ホワイトちゃんは

「究極のパートナーと結婚するために私が存在してるんやし、

産まれる前から出会う約束してるんやから、絶対妥協しない!!

私に足りないものはあとこれだけなんやから、絶対手に入れてみせる!!!

それ以外の人を選んだら負けや!!」



と、見たことないほどの頑固さ・・・。







そのうちブラックちゃんがわんわん子供みたいに泣きだして、

「もうあんたが失敗して自信なくすのを見るのは二度と嫌なんや〜。

やっぱりまた違った、どうせ私なんかって落ち込むのを見たくないんや〜。

花がだんだんしおれていくのに、なんとか長持ちさせてキレイに見せようとしてるみたいで、

もうそんなアンタは見たくないんや〜。

アンタのことが大好きやから、それ以上ボロボロにならんといてよ〜」



と言います。なんてこった。







しばらくしてホワイトちゃんが

「この条件の人と結婚したいけど、相手が豹変したらどうしよう。

すべては相対で鏡なんやから、片方を求めたらもう片方が出るやんなぁ・・・」





ブラックちゃんは

「じゃあ試しに、どう豹変するか見てみよかぁ」





ブラックちゃんがリストを読み上げます。

「優しい → 冷たい

 褒めてくれる → けなす

 家事が好き → 家事が嫌い

 ジャッジしない → ジャッジする

 よく笑う → 笑わない

 正直 → 嘘つき  etc.



・・・・・てことは、冷たくて、けなしてばっかで、家事はしないし、ジャッジばっかするし、

全然笑わない嘘つきなパートナーになるなぁ(笑) うげー」





そこで二人同時にふと気付きました。



「・・・これって、私やん!!」







私は私に冷たい。

私は自分をけなしてばかり。

私は自分のために家事をするのが嫌い。

私は自分をすぐジャッジする。

私は一人のときムスっとしている。

私は本当の自分に嘘をついている。



]

これをずっと読み上げていくと・・・



あぁ、全部私のことだった・・・あ〜〜〜〜〜ぁ。



なんだか気が楽になってしまいました。





そしてふと、究極のパートナーが目の前にいると感じました。



ブラックちゃんは、「私が世界で一番あんたのことを愛してるんやで。

私ほど、あんたのことを思ってる人はおらん!大好きや!」



ホワイトちゃんは、「ありがとう。あんたがいるから、私が存在できてたんやなぁ。

二人でひとつやな。私も大好きやで!これからもよろしくなぁ」





二人は真ん中で握手しました。気分がスッキリしました。

またゆっくり話し合おうなぁ♪って。







内側が結婚すると、外側の世界もきっとそうなるんですね!



これから世界がどう動くか楽しみです!





長くなりましたが、読んでいただいてありがとうございました。



次回も楽しみにしていますね!





(K.N.様 兵庫県 35歳)




468x60sakuya







posted by このはなさくや at 23:52 | 未婚・恋人なし(30代後半) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一途 に夫を愛しているのか?

このはなさくやさん


この一文から、彼女が今、どれだけ、このはなさくやさんから
学んでおられることだろうかと思い、胸が熱くなる思いでした。


そして、私にも過去、そんな傾向があったな・・。
と思って読ませていただいてました。


そして、今も、少しそんな傾向もあるようです・・・。
ちょっと痛かったですね。


私は、主人が大好きです。これは間違いありません。


結婚前には、その研ぎ澄まされた、透き通った感性に惹かれ、
その時私が一番必要としていた言葉、恋愛依存どっぷりだった私に、

「そんなの! 自分でやれ!!!」

と、言い切ったところから、それまで依存していた2人の方との関係を切り、彼と結婚しました。


結婚生活はというと・・。


当時、彼は「釣った魚に餌をやらない」典型であり、
「こんなはずではなかった・・・。」と、3年〜4年くらい、たっぷり苦しみました。


ご縁をいただいたヒーラーさんのもとで、
自分の鏡として相手を見ることや、執着を外すことなど、入り浸るほどに通い、
自分を見つめていきました。


そうして・・。現在の関係まで、ようやく漕ぎ着けることができました。


うまくいかなかった時期があるからこその、今の主人との絆・・。感謝・・。


何をしてもらう・・。そういうことではなくて、
心がすれ違い、悲しい思いをしていた頃があるからこその、
何気ない会話や、ちょっとした気持ちが、とても嬉しいのですね・・。


主人を、私は愛してます。これは、はっきり言えます。


ただ、一途かと聞かれるとですね・・・・(^▽^;)(^▽^;)(^▽^;)


浮つく気持ちもありますねぇ・・・・・・・・・(^▽^;)


もちろん、恋愛関係として、発展させようとは思わないのですけどね・・。


ただ、強く惹かれ、短期間、恋焦がれるようなところはありました・・・。
手放して、手放して、相手に何も求めない・・。


ただ、透き通るように昇華した思いを、自分の中にそっと大事に持っている・・。
そんな感情はありますね・・。


それは、もしかしたら、8歳年下の主人に対し、
私の感性、私の人生、私の魂・・。そういったものを、丸ごと受け止めてほしいという、
その思いを手放し、求めない状態にしてはいても、
どこかに、それをわかってくれる人がいたら嬉しい・・。


そういう思いが潜んでいるからかもしれないですね。


ただ、だからといって、そちらに走ったりすることは、ないと思います。


そして、主人に一途になりたいか・・・。と聞かれると、
それもまた、正直、疑問なところもありますね(^▽^;)


憧れは憧れとして、ちょっと、とっておきたいような気持ちも・・。
ありますね・・・・(^▽^;)


人間として、とってもこの人に惹かれる・・・。というような気持ち・・。
それが男性だと、ちょっと、ときめきとかも入り込みますけど・・。


かなり、正直に自分の気持ちを書いてみました・・。



読んでくださり、ありがとうございました。



(福岡県 A.N.様 36歳)



468x60sakuya







posted by このはなさくや at 09:44 | 未婚・恋人なし(30代後半) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポジティブ な自分と ネガティブ な自分の仲直り

毎回、丁寧な内容のセミナー、ありがとうございます。


自分の中でも、結婚したい・したくないというふたつの考えがせめぎあっている部分がありますね。


書き出してみたら、きっと以前とは変わっているのではと思います。
(まだやってみてないですが)


好きなタイプの男性も、変化してきていますね。
以前は、ふっくら癒し系か、ホスト優男タイプでした^^;


現在は、下町っぽい、ちょっと職人気質な人です。
あの、それで眉唾な話ですが、耳鳴りがあってテレパシーも感じるのです。
表面は強気な相手でも、それだけ強く引き合っているのかも。


相手にありのままで接することも、大切なんだって思えてきました。


無理に合わせて飾っていると、段々アピール力が枯渇してしまうんですね。
相手にとっても、魅力が失せてきてしまうような。


ウェブに日記を書くときでも、なるだけ素直に表現しています。


カウンセリングはまだ受講してませんが、
自分の中のポジ子とネガ子が手を取ってくれることを願ってます。


それでは、残りのセミナーも楽しみにしてます。



(兵庫県 K.M.様 37歳)



468x60sakuya







posted by このはなさくや at 08:15 | 未婚・恋人なし(30代後半) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする