思春期 以降、家族はバラバラでした

このはなさくやさんへ





このはなさくやさんのメールセミナーを読ませていただいて、

過去の私の失敗の数々が、 甦ってくる思いでした。



そして、解決への道もまた、やはり自分を愛することなのかな。

そう思って、読ませていただいてました。





今は、その過程を歩いている途中なのかもしれません。





今の私の状況を、ちょっとお話してみようと思います。





前回のメールに書いたと思いますが、あの頃が、私の中ではどん底の頃でした。





あれから・・・・。





結婚して、やはり主人に愛されることを求めていた私は、

見事に主人から受け入れてもらえませんでした。





3年くらい、一緒にいても心の通わない孤独な日々を過ごしました。





その頃に、すべては自分の鏡ということや、

執着をしないこと、求めないこと、手放すこと・・など、

その当時通っていたヒーラーさんのところで、本気で学び始めた頃でした。





まだまだ過程だとは思いますが、自分で自分を愛せるようになってきた頃から、

主人との関係も、少しずつ変わり、

今ではようやく、いい関係を保てるようになってきたと思います。





主人は8歳年下であり、私は今、あまり主人に多くを求めていません。

むしろ、私が主人をとても好きになりました。





主人が私をどう見ているか・・。





たったひとりの愛する女性・・。とまで、いくかどうかはわかりませんが、

このはなさくやさんのパートナーとのように、気兼ねなく喧嘩でき、

安心できる存在ではあるかもしれません。





私の両親もまた、仲があまりよくなく、思春期以降、ずっと家の中は真っ二つでした。





以前は、その満たされない思いを、パートナーにすべてわかってもらいたいと思ってましたが、

今は、自分で自分に向き合えていると思います。





主人と一緒にはいますが、ひとりで考えを巡らしていることも多々ありますし、

それを話すかといえば、話さないことも多いです。





興味を持って聞かれれば、もちろん答えることはできると思います・・。





さしあたって、今すぐ何をどうにかしたい、ということではありませんが、

このはなさくやさんのことを、もっと知りたいと思い、

このメールセミナーを受講させていただきました。





今でも十分満足はしておりますが、

主人とさらに素敵なパートナーシップを築けることを願って、続けて受講させていただきますね。







よろしくお願いします。









(福岡県 A.N. 36歳)




468x60sakuya







posted by このはなさくや at 20:07 | 既婚(30代後半) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一途 に夫を愛しているのか?

このはなさくやさん





この一文から、彼女が今、どれだけ、このはなさくやさんから

学んでおられることだろうかと思い、胸が熱くなる思いでした。





そして、私にも過去、そんな傾向があったな・・。

と思って読ませていただいてました。





そして、今も、少しそんな傾向もあるようです・・・。

ちょっと痛かったですね。





私は、主人が大好きです。これは間違いありません。





結婚前には、その研ぎ澄まされた、透き通った感性に惹かれ、

その時私が一番必要としていた言葉、恋愛依存どっぷりだった私に、



「そんなの! 自分でやれ!!!」



と、言い切ったところから、それまで依存していた2人の方との関係を切り、彼と結婚しました。





結婚生活はというと・・。





当時、彼は「釣った魚に餌をやらない」典型であり、

「こんなはずではなかった・・・。」と、3年〜4年くらい、たっぷり苦しみました。





ご縁をいただいたヒーラーさんのもとで、

自分の鏡として相手を見ることや、執着を外すことなど、入り浸るほどに通い、

自分を見つめていきました。





そうして・・。現在の関係まで、ようやく漕ぎ着けることができました。





うまくいかなかった時期があるからこその、今の主人との絆・・。感謝・・。





何をしてもらう・・。そういうことではなくて、

心がすれ違い、悲しい思いをしていた頃があるからこその、

何気ない会話や、ちょっとした気持ちが、とても嬉しいのですね・・。





主人を、私は愛してます。これは、はっきり言えます。





ただ、一途かと聞かれるとですね・・・・(^▽^;)(^▽^;)(^▽^;)





浮つく気持ちもありますねぇ・・・・・・・・・(^▽^;)





もちろん、恋愛関係として、発展させようとは思わないのですけどね・・。





ただ、強く惹かれ、短期間、恋焦がれるようなところはありました・・・。

手放して、手放して、相手に何も求めない・・。





ただ、透き通るように昇華した思いを、自分の中にそっと大事に持っている・・。

そんな感情はありますね・・。





それは、もしかしたら、8歳年下の主人に対し、

私の感性、私の人生、私の魂・・。そういったものを、丸ごと受け止めてほしいという、

その思いを手放し、求めない状態にしてはいても、

どこかに、それをわかってくれる人がいたら嬉しい・・。





そういう思いが潜んでいるからかもしれないですね。





ただ、だからといって、そちらに走ったりすることは、ないと思います。





そして、主人に一途になりたいか・・・。と聞かれると、

それもまた、正直、疑問なところもありますね(^▽^;)





憧れは憧れとして、ちょっと、とっておきたいような気持ちも・・。

ありますね・・・・(^▽^;)





人間として、とってもこの人に惹かれる・・・。というような気持ち・・。

それが男性だと、ちょっと、ときめきとかも入り込みますけど・・。





かなり、正直に自分の気持ちを書いてみました・・。







読んでくださり、ありがとうございました。







(福岡県 A.N.様 36歳)




468x60sakuya







posted by このはなさくや at 22:17 | 既婚(30代後半) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャクリーン・ケネディ のお話が心に響きました

今回のメールセミナーでは、

故・ジョン・F・ケネディ米国大統領夫人のジャッキーさんのお話が、心に深く届きました。





女性の自分自身に対する絶対的な信頼こそが、

実は最大の媚薬・・・・・・。





私のありのまま・・とは、いったいどんな姿なのだろう・・。

私は、どんな花なのだろう・・。





今年に入って、ブログで文章を書き始めてから、

少しずつ、自分というものに向き合えるようになってきています。





私は、おそらく、男性からの見かけは、

少し気にしすぎない程、気にしないところがあります。





一方、自分の内面には、穴を掘って入り込むくらいに、

向いあってしまうところもあります。





好きな男性は・・・・。やはり・・。





自分が穴を掘ってこだわってしまう視点で、

深い眼差しを持ってらっしゃる方のように思います。





パートナーは、8歳年下ですが、透き通るような感受性を持っています。





愛情表現は、いつも裏返しですが、

きっと、私のことは好きだろうと思います。





半分、お母さんの代わりの部分もあるかもしれません。





うまく書けていないかもしれませんが、

素敵なメールセミナーでした。





ありがとうございました。







(福岡県 A.N.様 36歳)




468x60sakuya







posted by このはなさくや at 15:52 | 既婚(30代後半) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。