思春期 以降、家族はバラバラでした

このはなさくやさんへ





このはなさくやさんのメールセミナーを読ませていただいて、

過去の私の失敗の数々が、 甦ってくる思いでした。



そして、解決への道もまた、やはり自分を愛することなのかな。

そう思って、読ませていただいてました。





今は、その過程を歩いている途中なのかもしれません。





今の私の状況を、ちょっとお話してみようと思います。





前回のメールに書いたと思いますが、あの頃が、私の中ではどん底の頃でした。





あれから・・・・。





結婚して、やはり主人に愛されることを求めていた私は、

見事に主人から受け入れてもらえませんでした。





3年くらい、一緒にいても心の通わない孤独な日々を過ごしました。





その頃に、すべては自分の鏡ということや、

執着をしないこと、求めないこと、手放すこと・・など、

その当時通っていたヒーラーさんのところで、本気で学び始めた頃でした。





まだまだ過程だとは思いますが、自分で自分を愛せるようになってきた頃から、

主人との関係も、少しずつ変わり、

今ではようやく、いい関係を保てるようになってきたと思います。





主人は8歳年下であり、私は今、あまり主人に多くを求めていません。

むしろ、私が主人をとても好きになりました。





主人が私をどう見ているか・・。





たったひとりの愛する女性・・。とまで、いくかどうかはわかりませんが、

このはなさくやさんのパートナーとのように、気兼ねなく喧嘩でき、

安心できる存在ではあるかもしれません。





私の両親もまた、仲があまりよくなく、思春期以降、ずっと家の中は真っ二つでした。





以前は、その満たされない思いを、パートナーにすべてわかってもらいたいと思ってましたが、

今は、自分で自分に向き合えていると思います。





主人と一緒にはいますが、ひとりで考えを巡らしていることも多々ありますし、

それを話すかといえば、話さないことも多いです。





興味を持って聞かれれば、もちろん答えることはできると思います・・。





さしあたって、今すぐ何をどうにかしたい、ということではありませんが、

このはなさくやさんのことを、もっと知りたいと思い、

このメールセミナーを受講させていただきました。





今でも十分満足はしておりますが、

主人とさらに素敵なパートナーシップを築けることを願って、続けて受講させていただきますね。







よろしくお願いします。









(福岡県 A.N. 36歳)




468x60sakuya







posted by このはなさくや at 20:07 | 既婚(30代後半) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。